写真を扱うクラウドサービス

色々ある写真の保管場所

写真の保管場所いろいろ

そういう写真の保管場所ですが、現在は意外と色々なものがあり、中には便利なものも多いようです。
まずパソコン派には外付けハードディスクがあります。
これはパソコンに大容量のハードディスクを接続し、メモリーに入った写真をフォルダという形で保存し、メモリー何百枚分も題名を付けて収納が可能です。
最大の利点はパソコン本体に万一不都合があってもデータの写真が守れること、不便なのはこれも同じですがたくさん貯め過ぎてどこにあるか分からなくなることです。
あとはフォトストレージといって原理はハードディスクと同じですが、それ単体で駆動するものです、モニターを内蔵していて、パソコンよりも簡単に画像の確認ができ大容量収納可能です。
欠点はやはりパソコンと同じで万一故障すると写真がダメになってしまうことです。

結構便利に写真は整理して保管できる

ただ結構写真は現在非常に便利に収納でき、写真の活用も簡単にできる方法もあります。
一つはサーバーレンタルというのが非常に便利で使い易いです。
これはインターネットにレンタルスペースを開放し、有料で容量を決め、写真などのデータを保管してもらうシステムです。
いつでもアクセスが効いて、写真を手軽に閲覧、編集可能、容量いっぱいまでなら簡単にアップデータし、写真の保管やアップデータができます。
欠点はやはりサーバーが有料で開設しているためお金がどうしてもかかってしまうことが大きいですね。
費用の問題は結構大きいです。
ですが、24時間いつでもアクセスして写真が取り出せ、編集・アップデータができるのは非常に魅力的な面と感じます。

TOPへ戻る